.

「スプレッド」とは外為取引は外貨を買ったり、売ったりすることによって儲けを狙う取引です。トレードの値段はいつも変化しています。それが為替相場です。テレビを見ていると市場の話題が流れるケースがあります。「今のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを提示しています。言い換えると、外為取引には買いと売りの2個の値が存在している事を表しています。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示している取引業者もあります。平常時には買値よりも売値が低くなっています。買うときには高く、売るときには安くなるはずです。その差分をスプレッドといい、会社の収入の1つになっています。スプレッドの広さはFX業者によって変わります。スプレッドの幅は経費になるので小さいFX業者をセレクトするほうが有利です。ただし、同じ会社でも場面によってスプレッドは大きくなったり小さくなったりします。もし普段はドルと円のペアでたった1銭のスプレッドの広さであるとしても市場の動きがかなり大きい場合には広くなったりする場合があります。という訳で、スプレッドが小さいのと共に、固定している事が不可欠です。決まったスプレッドの差を見せるFX会社もたくさん存在しています。現実にFX取引会社のトレード画面で本当のレートを調べなければ評価できないので面倒くさいですがとても大事な事です。重要な投資資金を使って取引するのだから、リアルな取引の前に、興味を持った会社の取引口座開設を全てして提示されているスプレッドの狭さを実感しましょう。同じ通貨のペアでも、その場面での相場の変動率によって、通貨ペアのスプレッドは変わることがあります。通常、インターバンク市場で取引量の多い外貨ではスプレッドが狭くそれ以外のペアではスプレッドが大きくなる事が多いです。

Copyright (c) 2000 www.emelyildiz.net All Rights Reserved.